うまい具合にゼラチンなので

近頃で2年齢になった児童の為、生年月日に芸風甘味を作りました。
事前に、芸風甘味のレシピを調べてみると色々なやり方があるみたいでした。但し、キャラを書いたチョコを固めて陰ながら甘味に乗せるレベル、困難詳しい工程が多く、今回は自分でもできそうな方法で作ってみることにしました!
とにかく、ショートケーキ自体は普段から作っている結果、慣れた規模でいつも通り織地を焼きクリームといったくだものを繰り返し、3段の甘味に行う。そうして、外層のクリームを外面し終えたら、竹串で芸風の絵図をかきます、ここで失敗すると台無しです!見本の画図を見ながら慎重に書くのです。
その後に、チョコ鉛筆でなぞり書きをします。そうして出来た画図に色調を塗りつけるのですが、ここでゼラチンを使用します。ゼラチンをダブルの水でふやかし、溶かしたら集まる正面(常温)に食紅で色調を付け、小スプーンなどで画図に塗っていきます。こういう工程は失敗しても、うまい具合にゼラチンなのでピラっと剥がれる結果やりやすいだ。
こういう工程を終え、くだものなどを甘味に飾れば構成だ!所要時間は全部で3チャンスほどかかりました。仕上がりを児童に見せつけると、キャッキャという大面白味で妻満足です!福島県いわき市で出会い系アプリを使うならサクラが居ないココがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です